リリース情報などをお届け ENDSVILLEニュースレター

ロッドバランスの妙

シャッドを扱う際には、ある程度のロッドレングスが欲しい。ロッドの向きを変えるだけで、トレースルートを変更することができるためだ。また、こうしたシャッドアプローチに対するバイトは、浅い場合が少なくない。また、バイトと同時に反転する場合、ルアーの背部分にバイトする場合もある。こうしたバイトを弾かず、かすめ取るように追随する柔軟性とフッキングに持ち込めるハリが欲しい。この際、すぐ下の岩盤エリアに潜り込ませないためのバットパワーも必要となってくる。

 

流れ込みなどの動きのあるエリアではなく、冠水植物やレイダウンのスポットでは、トゥイッチやストップ&ゴーといったアプローチも有効だ。その際には、ラインスラッグの取り方が重要になる。ルアーに余計な動きを与えず、かつバイトを逃さないための適度なラインテンションが必要。このラインコントロールを実現するためにも、ロッドとのコンビネーションは欠かせない。

 

シャッドだからこそのサカナ

 

トータルなタックルバランスがあってこそのシャッドメソッド。スローなアプローチでも、強すぎるアプローチでもバイトに持ち込めない状況で、切り札となるメソッドであることに間違いない。シャッドでしかバイトに持ち込めないサカナがいるといっても過言ではないだろう。