リリース情報などをお届け ENDSVILLEニュースレター

カルフォルニア・デルタへ

よりバス釣り中心のスタイルを目指し、いわゆる大手からベンチャー企業への転職を決意。転職前の5日の休みを利用し、マークのところを訪問することにした。マークは、以前のコロンビアリバーでのB.A.S.S.トーナメントの初日のパートナーだ。彼は、カリフォルニナ・デルタでガイドをしている。デルタでガイドすることを仕事としているマークと一緒に釣りをすることは、間違いなくそのフィールドの「クセ」を感じ取ることが出来ると思っていた。しかし、この「ねらい」は、意外な結果をもたらすことになる。

デルタへの釣行を決めたのは、2001年6月の中旬。7月の最初の週を休めることになったことにより、この休みを利用しアメリカへ行きたいと思っていた。ただ行くのでは面白くないので、マークに連絡を取ってガイドを出来るか聞いてみると、5泊3日(釣行日数は2日)のプランで、マークがガイド出来るのは、7月2日のみで3日は既にガイドの予約が入っているということ。マークは、知人に連絡と取ってくれて出発の2日前に7月3日のガイドとなるボビーを探してくれた。

飛行機の予約も行きがキャンセル待ちとなったが、どうにか取れた。今回訪問するコンコードという街は、サンフランシスコのダウンタウンから1時間30分ほど内陸に入ったところにある。そこに空港があるのだが、サンフランシスコからの国内線が乗り入れていない。そこからは、バスかバート(ニュートラム)を使う。モーテルはマークの自宅に近いプレミア・インを予約した。今回は、レンタカーは使わない。レンタカー自体はそう高くないが、保険が同じ位高い。マークに送り迎えなどお世話になることにした。

そして7月1日、関空を出発しサンフランシスコへと向かう。その前に海外釣行でのロッドパッケージの話。以前の参戦時はノースウエスト航空を使った。その際、ロッドパッケージ(バズーカーの様な)の別料金は必要無かった。しかし今回のユナイテッドは必要だと言われた。その金額はなんと、行きは19,800円!、帰りは84ドルとのこと。料金は現地で払うように言われたので、現地のバゲージクレイムで問い合わせても料金を徴収する人もいない。その場の流れで、結局料金を支払わずに、そのままバンバスを使ってコンコードへ向かうことになった。

モーテルに着いてから、ロッドパッケージのエクストラチャージを払っていないことが気になるので、ユナイテッド航空に連絡してみると、その料金は本来、乗る前に支払うとのこと。確かにチェックインでは、現地で払うように言われた。その電話の担当者は、行きのことは忘れてくださいといい、帰りは現地で払ってくださいと言った。

少し落ち着いてから、マークに電話で連絡することにした。