リリース情報などをお届け ENDSVILLEニュースレター

レンジを見極める

どこで釣れているのか。エリアという要素は、釣果に影響する。この概念は、決して間違いではない。しかし、これは必要条件であって充分条件ではない。充分な条件を満たすために必要なこと。それは、レンジという概念だ。

エリアは、バスとして過ごしやすく、条件のいい場所ということができる。そこには、バスに限らず生物が集まりやすい。そして、そのエリアの中で種別によって、その領域が分かれていく。ちなみに、デカバスと小バス、言い方をかえるならば、産卵に絡むバスと絡まないバスは、同じバスであっても、違う種別だと見た方がいい。

エリアを絞ったら次はレンジ。レンジは目視で確認しにくい故に、エリア選定に比べると、その難易度が高い。レンジ=水深という概念では十分ではない。水深は、あくまでも水深。バスのいるレンジとは必ずしも一致しない。

3mレンジにいるからといって、水深も、3mとは限らない。だから、レンジで明確に異なる状況では、その釣果にも差が出やすい。レンジの見極めは、釣果に直結する。そのことを意識したアプローチが欠かせない。